人と真反対のことをやって成功している人もいる。

 

成功するために、真反対のことをする、というのは間違っている気がしますけれども、たとえばいろんな世界の「プロ」といわれる、ひとからスゴイと言われている人の中には、

「え?そうなの?」
「それって、世間で常識と思われていることと真逆だよね?」っていうときがあります。

ほぼ日手帳の日めくりコラムを見て驚いたのですが、
写真は構図が大事だよというのは、写真に何の知識もない私でも知っていることなんです。

ですが、菅原一鋼さんという(多分写真界ではすごいお人なのでしょう。)方は、はっきりと、「写真にとって構図は必要ない」と言い切っていらっしゃるそうです。「写真がもっと好きになる」という本の中で。
えーーー!そうなの?

って感じですよね。
もしかしたら、こういうことってたくさんあるのかもしれない。

でも自分が何かを究めようとしてるとき、究めなくたって、仕事でもっともっと成果を出したい、こうしたいああしたい、っって思っているときって、人と違うことをしようというのは難しいと思うんです。

だって、難しいですよ。

誰かの人まねをするほうがうまくいくんだもの。

でも、もしかしたら、最初は人の真似から始めてもそれをやり続けることで、もしかしたら、ふっと、

「自分だけの何か」が降りてくるのかもしれない。
そんなことがあるのかもしれない。

でもここで大事なのは、「続けること」なんですけどね。

簡単に、「続ける」って言いますけど、これは実はキモでね。

けっこうこれが一番大事なことなんですが、「続ける」についてはまた別の話。