夜寝るときにつけていても大丈夫

私は夜勤を含む、不規則な時間帯に出勤する仕事に就いていた経験があります。
時間が不規則なため、気を抜いたら肌荒れを起こしがちでした。
なので彼氏の家にお泊まりをすることになった時などは、お風呂あがりにこっそりファンデーションを塗っていました。
美容液成分が配合されたミネラルファンデーションで、素肌でいるよりも肌に良いとされるものです。
スキンケア効果があるので、夜寝るときにつけていても大丈夫ですし、夜勤や夜勤後遊ぶ時などもつけていても罪悪感がありません。
カバー力もあるものなので、肌荒れを起こしてしまっている時も安心です。
彼氏に見せるときはもちろん、仕事中だって時間問わずいつでも綺麗な肌でいたいので、このようなファンデーションは手放せませんでした。
普通のファンデーションだと、夜につけているだけで肌が心配になりますが、24時間つけていても大丈夫なミネラルファンデーションはつけている感覚もないようなほど、肌に馴染んでくれるのでおすすめです。

参考サイトはこちら

ニキビ跡対策

生まれた時からのアトピー体質であったせいか
ステロイド薬の多用⇒使用中止の流れで
思春期(中学生~)から
顔全面・首・背中にかけての全身ニキビがとても多く、
その頃から「ニキビ・敏感肌用」のスキンケア用品を頻繁に
トライアルで購入する日々でした( ;∀;)
ですがどの製品も合わず、併せて行っていた皮膚科では
トライアル使用のせいもあってか
皮膚の状態が悪化していたらしくステロイド薬を出され苦悩していました。
その時の肌の状態は、赤ら顔・顔全体にわたる
ニキビ・過剰皮脂分泌によるテカリで最悪に…
なので思い切って高校生になったときにすべての使用を辞めました。
それからのスキンケアは、

朝:
洗顔⇒拭き取り(精製水+コットン)⇒
日焼け止め(オイルフリー・外出時でなくても塗って屋内の紫外線予防をしていました)

夜:
洗顔⇒拭き取り⇒「ビタミンC」「馬油」(使用目的:保湿・肌の保護)

これを試したおかげなのかは分かりませんが少しニキビが減りました!
今は社会人になり不規則な生活を送っていますが
このスキンケアでかなり落ち着いた肌を保っています(^◇^)
特に高い化粧品は使った事がなく
ドラッグストアで販売しているパックをたまに使用しますが
荒れることは殆ど無く馬油と併せて保湿されるのか冬でもふっくらしています。
以上が昔からニキビに悩まされてきた私の辿り着いたベストスキンケアでした☆

 

ニキビ跡にいい美容液

嬉しかった3人目妊娠

初の出産は26歳で 次が29歳でしたが 色々あり もう一人授かりたいと思ったのが 36歳の時でした。
周りの友達が 出産し 赤ちゃんに触れる機会が多くなり もう一人と思う気持ちが強くなりました。
友達に 「もう一人授かりたいんだよね」と話すと 喜んでくれ 「だったら葉酸を妊娠する前から摂取した方がいいよ」と言われたのが きっかけです。
最後の出産から 5年以上 空いていたので 葉酸という言葉が 理解出来なかったのですが 友達が 色々 教えてくれました。
リスクを少しでも 減らせたらと思い 友達が飲んでいる ベジママ という商品を購入し 飲み始めて 3ヶ月位で 見事 授かる事が出来ました。

実は35歳以上だと、妊娠しづらいと言われていたのです。

私はその頃には血圧も高めで、血糖値も高く、多嚢胞性卵巣症候群の疑いがあるかもと言われていたのです。

なので、色々調べて、多嚢胞性卵巣症候群の治療にも使われてるハーブである、ピニトールが入った葉酸サプリがあると知って、飛びつきました!

参考サイト→http://www.panamaaudubon.org/post-845/
産婦人科に行った際も 先生から 葉酸を摂るように勧められました。

そのときに選んだのがベジママというサプリでした。
既に 摂取している事を伝えると 「理想的です 継続して 摂取して下さい」と言われました。
無事に出産を終えた後も 少しでも 母乳から 栄養がいけば良いなと思い 授乳をしていた2年間は飲み続けました。
それが良かったのかは わかりませんが 娘は風邪なども かかりにくく 3月産まれなのですが 4月や5月生まれの子達と 身長も 変わらない位 大きいです。
効果は わかりませんが 問題なく無事に産まれてきてくれたので 葉酸を飲んで良かったと思ってます。

多嚢胞性卵巣症候群 ピニトールサプリ

黒酢の効果はすごい!

私の健康対策は黒酢サプリを飲むことです。

さくらのもりの「白井田七 かめ。」は、飲み続けて半年近くなります。白井田七が原料に入っていることは、とても抵抗がありましたが、サプリメントで飲みやすいこと、血糖値を下げだり、女性ホルモンにもいいと知り、飲み始めることにしました。

 

田七人参は、精力が付くものと言いますが、それは本当だと思いました。

とにかくタフに毎日行動することができます。疲れて眠った翌朝も、目覚めると何事もなかったかのように復活できます。子育てにバタバタしてしまう毎日ですが、これがあれば、乗り越えて行けそうです。

田七人参黒酢は、美容にも効果があります。

良質のサポニンと高濃度アミノ酸が、潤いのある肌を作り出します。

私も、以前から乾燥肌でしたが、このサプリメントを飲み見続けるうちに、いつしか気にならない肌に変えることができました。このサプリメントは、美容にも健康にも効果のあるサプリメントです。

http://xn--u8jxf4fugm84l9yay5yqq3eupc.com/

カタツムリエキスはやっぱりいい♪

オールインワンジェルは、その手軽さと時短でお手入れができるとして、人気が高いですよね。
私がはじめてオールインワンジェルを使ったのはリキッドファンデーションを買った時の試供品として付いてきたのがきっかけでした。

肌が強い方ではないのでオールインワンジェルはどうかな?と思いましたが、同じメーカーのメイク製品を使用しても肌荒れしなかったので、思い切って使ってみました。
伸びがよく、少しの量で顔全体に行き渡りますし、その後時間が経ってもカサついたりつっぱったりすることもなかったのでそのまま使い続けました。朝の忙しい時間には本当に便利なものでした。

ですが、一週間使っていくうち、だんだんと肌の状態が悪くなってきてしまい、最後には大人ニキビができてしまうほどに。

そこでその試供品はもう辞めました。

ですが、一度簡単にお手入れすることを覚えると、なかなか元には戻れないもの(笑)

それから私の「オールインワンジェルジプシー」が始まりました。

いろんなものを試しましたが、どうも有名ドコロのオールインワンジェルはあまり効果が感じられませんでした。

そこで、ネットの口コミや自分でも成分などを勉強するようになったところ、カタツムリエキスで有名な、「アラントイン」と「プラセンタエキス」の2つが入っている「ピュアメイジング」というオールインワンジェルを見つけました。

もともと韓国のおみやげで、カタツムリクリームを使った時お肌がものすごく良かったのを覚えていたので、期待できたんです。

冬場から使ってみたんですが、肌が乾燥する季節でもこれ一つで事足りました。

美容液も兼ねているので、使い続けていくうちに肌がしっとりしてきて、明るくなりました。

水分が充分に足りているためだと思いますがトラブルも減ったように感じます。その場合はその後にオイルか何かをつけてあげる必要があるかもしれません。

やはり乾燥に効くのはアラントインなんですね。

 

プラセンタの色々

私はプラセンタが大好きで、いろいろなプラセンタを試しています。
今はTp200馬プラセンタと言うサプリメントとプラセンタエキスとプラセンタの注射も行っています。
プラセンタのサプリメントはもう毎日欠かさず飲んでいて、メリットは肌の明るさが明らかに変わったのと朝が苦手なのですがすっと起きれるようになりました。
プラセンタのエキスはフラコラさんのを使用しています。
化粧水前に塗るものです。
肌の感想をふせぎツルツルになる気がします。
最後は注射で前までは週1回病院へ通っていたのですが今は月1ペースで行っています。
サプリと併用しているのでどちらの効果かわからないですが注射もしているので肌が綺麗に明るくなってきたのかなと思います。
ただ、デメリットもあり注射をするようになってから太ってきたのが悩みです。
これさえなければすごく良いのになと思います。
でもプラセンタは大好きなのでこれからもサプリメント、プラセンタエキス、注射は続けて使用していきたいと思います。

寝る時はうっすらメイク

付き合って間もない男性との初めてのお泊りは色々な意味でドキドキしてしまいます。特に肌。私は中学時代にソフトボール部に所属していた為、太陽の光をたくさん浴びました。元々色白だった為、そばかすができてしまい、スッピンになると、とても目立ってしまいます。なのでお泊りデートでスッピンを見せるのはとても抵抗があります。私は肌が一番コンプレックスなので、お泊まりデートの際は、先にシャワーを浴びて軽くリキッドファンデーションをつけて、あとは軽くフェイスパウダーをつけます。リキッドファンデーションはほんのちょっとです。夜なのでうっすらつけます。その後に優しくパウダーファンデーションをパフします。あまりギチギチに化粧すると相手に引かれてしまうかもなので。リキッドもパウダーもKATEです。KATEを選んだ理由は私の肌質に合い、脂っぽくならないからです。

お泊りデートファンデ

更年期の「のぼせ・ほてり」の改善

冬の寒い時期、仕事をしていると体は寒いのに顔だけが熱くなって仕事に集中できず、不快な思いをすることがあります。

午前中は何ともないのですが夕方から夜にかけてとくにひどくなります。

こんな症状が出るようになったのは四十代後半になってからです。

これがいわゆる更年期の「のぼせ・ほてり」という症状なのでしょうか。

日中、動き回っていた日は夕方になってもこういった症状は出ないので、座って仕事をしていることで血行が悪くなっていることが原因のひとつだろうと思われます。

座って仕事をしているとどうしても下半身は冷えるので膝掛けは必須アイテムです。

なるべく下半身を冷やさないようにすることと、休憩のときに温かい飲み物をとるようにすることで症状は改善されます。

飲み物に生姜を入れるのもオススメです。

ジンジャーティーなど、更年期だけでなく風邪の予防にもなりますね。

あとはストレッチ。座ったままでもできるのは、肩、首をゆっくりまわす。足首を上げ下げするなど。全身の血行をよくすることで「のぼせ・ほてり」は改善されます。

ちょっとした心がけでじょうずに更年期を乗り切りたいですね。

更年期におすすめのサプリはこちら

人と真反対のことをやって成功している人もいる。

 

成功するために、真反対のことをする、というのは間違っている気がしますけれども、たとえばいろんな世界の「プロ」といわれる、ひとからスゴイと言われている人の中には、

「え?そうなの?」
「それって、世間で常識と思われていることと真逆だよね?」っていうときがあります。

ほぼ日手帳の日めくりコラムを見て驚いたのですが、
写真は構図が大事だよというのは、写真に何の知識もない私でも知っていることなんです。

ですが、菅原一鋼さんという(多分写真界ではすごいお人なのでしょう。)方は、はっきりと、「写真にとって構図は必要ない」と言い切っていらっしゃるそうです。「写真がもっと好きになる」という本の中で。
えーーー!そうなの?

って感じですよね。
もしかしたら、こういうことってたくさんあるのかもしれない。

でも自分が何かを究めようとしてるとき、究めなくたって、仕事でもっともっと成果を出したい、こうしたいああしたい、っって思っているときって、人と違うことをしようというのは難しいと思うんです。

だって、難しいですよ。

誰かの人まねをするほうがうまくいくんだもの。

でも、もしかしたら、最初は人の真似から始めてもそれをやり続けることで、もしかしたら、ふっと、

「自分だけの何か」が降りてくるのかもしれない。
そんなことがあるのかもしれない。

でもここで大事なのは、「続けること」なんですけどね。

簡単に、「続ける」って言いますけど、これは実はキモでね。

けっこうこれが一番大事なことなんですが、「続ける」についてはまた別の話。

食材も大事ですね。

50代の母が、更年期に悩まされていました。母の症状は、めまいとひどい肩こり、腰痛、頭痛でした。ひどいときは家事をするのも困難な状態だったと言います。また、普段は寒がりの母ですが、頻繁に暑いと言い、汗をかいていました。このような症状から、お医者さんに更年期障害の症状だといわれたそうです。症状の個人差がかなりあるという「更年期の症状」。とくに元気に働くお母さんにこのような症状が現れてしまうと、家族も心配ですよね。幸い、母は無気力などの精神的症状は現れなかったようです。インターネットで見つけたエクオールというサプリメントと併用して、更年期障害の対策に効果があると言われる食材をたくさん摂取するようにしたそうです。それはキャベツです。特に寒くなってきた季節には、キャベツと鶏肉のトマト煮や、ロールキャベツ、お好み焼きなど、とにかくたくさんキャベツを食べたとのこと。できればサプリや薬に頼らず、食事で改善できれば一番いいですもんね。キャベツを意識して摂取し始めるようになってから、とくにめまい、頭痛が改善されて楽になったそうです。現在は若年性更年期障害も増えてきているとのことで、母の勧めもあって、私も意識してキャベツを摂取するようにしています。女性ホルモンも活性化されて良いみたいです。

不安やイライラから解放されました♪更年期に効くサプリメント